メラニン

美白ケアを考える上で、良く耳にするのが「メラニン対策」という言葉です。
「メラニンがお肌をくすませる」という話を聞いたことがある人は多いと思いますが、メラニンの役割や性質を知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

◯そもそもメラニンとは

 

メラニンはお肌に本来存在する色素で、紫外線などの刺激を受けて生成されます。
最近の美白ブームの中で、すっかり悪玉扱いのメラニンですが、実は人間が生きて行く上で欠かせない大切な役割を担っています。

 

メラニンは、肌細胞を守る役割を持っています。
もし体内にメラニンが無ければ、肌細胞はあっという間に皮膚がんの危険にさらされてしまうのです。
ですから、「メラニン=悪玉」という固定観念を持つのは考えものです。

 

◯美白とメラニン対策

 

では、なぜメラニンが美白の大敵と思われてしまうのか考えてみましょう。

 

メラニンは「紫外線などの刺激」で生成されるのですが、お肌の正常な再生サイクルが機能している場合は、古くなった皮膚細胞がはがれ落ちる際に一緒に排出されて行きます。

 

しかし紫外線対策をしていない場合、あるいは生活が不規則な場合やストレスを抱えている場合など、お肌の正常な再生サイクルが機能しなくなっている時は排出されたメラニンがお肌の中に滞り、シミの原因となってしまいます。

 

つまり、メラニンだけが悪者なのではなく、「メラニンが排出されないこと」が問題なのです。

 

美白対策をするときは、UVカット化粧品などで紫外線の刺激を防止したり、基礎化粧品でお肌を整えるのも大事ですが、まず第一に「規則正しい生活」を心がけましょう。
いくら高価な化粧品で美白ケアしても、根本的な肌再生サイクルが上手く機能しない限り、美白にはつながりません。

 

毎日の地道なケアと規則正しい生活で、賢くメラニン対策しましょう。

メラニンについて関連ページ

美白とは
食べ物
敏感肌
シミやくすみの対処方法