30代美白化粧品

30代は、いわゆる「お肌の曲がり角」。
アラサーの声を聞いた途端、今まで想像もしてこなかったような肌トラブルに見舞われる人も多いようです。

特に、シミやくすみが一気に気になる時期かと思いますが、「できてしまったシミ」の原因にアプローチしつつ、「これからシミができるのを防ぐ」という、ダブルのケアが必要になります。

○30代のシミ、くすみ対処方法

30代のシミ、くすみ対処方法の基礎となるのは、20代までのケアと同じく「紫外線対策」です。
乳液や化粧下地にはUVカット機能があるものを選び、紫外線による刺激でシミの原因であるメラニン色素の増殖を防ぎましょう。

30代は仕事に、プライベートに特に忙しい時期ですが、生活のリズムが乱れるとお肌の正常な再生サイクルが乱れ、古い皮膚が滞留することでくすみやすくなります。
三食きちんととる、睡眠時間を確保するなど、生活面も気をつけましょう。

ただし、これらの一般的な注意点を気をつけていてもお肌がくすんでしまう場合があります。

ホルモンバランスの乱れが原因で生じる「肝斑」は、特に妊娠中の女性に多く見られると言われています。
こう言った場合は、トラネキサム酸などの美白成分を用いたり、ピーリングするのも良いでしょう。

また、肌がたるんだ為に毛穴の陰影が目立ち、くすみ肌に見えてしまうこともあります。
コラーゲン、ヒアルロン酸など保湿に役立つ成分をケアに取り入れ、ハリを与えることを心がけましょう。