40代美白化粧品

40代の美白対策は、アンチエイジングとの両立がカギとなります。
なぜなら、シミ・くすみの原因が単に紫外線によるメラニン色素の増殖とは限らないからです。

○40代のシミ・くすみ対処方法

まず、美白の大前提として、「UVケアの徹底実践」は不可欠です。
乳液や化粧下地、ファンデーションをUVカット効果のあるものに変え、日頃から紫外線対策をしましょう。

次に大事なのは保湿です。
年齢を重ねるとお肌はハリを失い、たるんで行きます。
たるみが原因で毛穴が広がると、毛穴の陰影が深くなって、お肌全体がくすんだ印象になりがち。
化粧水や乳液を選ぶ際には保湿力が高いものを選ぶようにすると良いでしょう。

上記のような「紫外線対策」「保湿対策」は、お肌の環境を整えることとなり、お肌の正常なターンオーバーが促進されます。
すると、美白対策だけではなく、たるみ、シワなどのアンチエイジング対策を両立できるのです。
日常のケアでこの二つをしっかり守った上で、美白友好成分の入った美容液などを使えば、さらに効果的に美白することができます。

ただし、40代になると更年期障害によるホルモンバランスの乱れから、肝斑などのシミができることもあります。
適切なデイリーケアを行っているのにシミが気になる時は、トラネキサム酸などのホワイトニングやピーリングで、直接シミにアプローチするのもよいでしょう。